バーチャルオフィスの選び方とは

起業家に人気のバーチャルオフィスは、低価格の賃料で都市の一等地などに本店の所在地を持てるなど多くのメリットがあります。
また、会議室や商談質のレンタル、電話取り次ぎや郵便物の転送、秘書業務など様々なサービスも魅力です。
バーチャルオフィスの選び方は、まず、ビジネスの本店所在がイメージにかかわってくることを考慮することです。
アパレル、ファッション系なら、おしゃれなイメージのある街を、堅いイメージが良いなら大手の企業が集まっていたり、役所が多いエリアを選ぶことです。また、雑居ビルでも良いのか、有名ビルが良いのかなどを考えておくとよいでしょう。
次に、バーチャルオフィス会社のスタッフの対応です。小さな会社だとしても、夢を持って起業しているので、応援してくれるような対応だと気持ち良く仕事ができます。先回りして細かいところにまで気を使ってくれる行き届いたサービスをしてくれるところなど様々ですので、自分が気分よく仕事ができるような選び方をすることがポイントです。
面談をするためのスペースが必要ならば、面談スペースのクオリティが、自分の希望に合っていることが重要です。
ホテルのラウンジのような高級な内装や家具で整えられているところから、簡単なパーテーションで仕切られている簡素なスペースのところまで様々ですが、自分の企業イメージに合っていることが肝心です。
価格とサービスのクオリティが自分の会社にあっているかをよく考えてから、選ぶことが大切です。

バーチャルオフィスと立地条件

起業を考えている人がバーチャルオフィスと契約するメリットの一つに、住所を選べるということがあります。
ビルの中にある貸しオフィスなど、実際に存在するオフィスを借りる場合、住んでいる場所との兼ね合いで場所や立地条件に縛られてしまいます。たとえば、大阪に住んでいる人がオフィスを借りる場合、オフィスの住所を東京にしたいと考えて東京の不動産屋で借りるのは非常に難しいです。というのは、オフィスを借りた場合、そのオフィス宛てに郵便物が届いたら、東京まで取りにいかないといけないからです。
しかし、バーチャルオフィスであれば、基本的に住所のみを借りるという形になり、立地は問題にならないので、大阪に住んでいたとしても東京の住所を利用することが出来ます。
郵便物については、バーチャルオフィスに転送サービスがあるので、それを利用すれば済みます。また、電話番号についても、電話の転送サービスを利用することでやはり東京の番号を使うことが可能です。
なので、大阪に住んでいるが東京の住所をオフィスの住所にしたいといった風に、住んでいる場所から離れているところの住所でオフィスを持ちたいという場合は、実在のオフィスではなく、バーチャルオフィスと契約するのがいいでしょう。
ネット上で契約出来るのでわざわざ不動産屋まで行かなくていいのもメリットです。
また、バーチャルオフィスによっては、ちゃんとオフィスが存在していて、事前に電話などで予約を入れれば会議室のスペースを借りるということも可能です。

レンタルオフィスを借りる条件について

最近は低コストで開業できるメリットから特に若い層を中心にレンタルオフィスを借りて事業を始める人が少しずつ増えていますが、レンタルオフィスを借りるとしてもやはり条件が幾つか有り使用方法を守らなかった為に契約を取り消されたと言う報道も時には見かける事も有ります。

レンタルオフィスの最低限の条件は使用目的であくまでも事業目的で借りる物であり、先日レンタルオフィスで生活をしていた男性が契約を解除されたと言うニュースが流れていましたが、これは明らかな契約違反になりますのでその様な行為を防止する為にも申込者に住民票を提出させたり、他に住居が有る事を証明する書類などを提出させている会社も有ります。

そしてレンタルオフィスの契約も賃貸契約の一つですので、毎月一定の使用料を払わなければいけませんので安定した収入がなければ契約を結ぶのはかなり難しくなってきます。審査の厳しい会社では保証人を用意しないと貸してくれない会社も有ります。

レンタルオフィスの賃貸契約を交わす上で必要になってくるのは、使用料を支払えるだけの経済力と他に住居が有り生活目的ではなく事業目的で使用する事が大前提になりますが、契約後に見たら事業用で使用していないケースも見られますので、定期的にきちんと契約の内容に沿った使用方法で事業経営を行っているかどうかをチェックしているオフィス業者も中には有りますので条件に合った使用方法でしようしないといけません。

レンタルオフィスの選び方とは

企業自体が、一から事務拠点としてのオフィスを準備する必要の無いレンタルオフィスの選び方として、勿論、企業独自の形態、考え方、そして、事務作業の進め方によってもその基準は様々ですが、共通して言える事は、その所在地です。
営業時間内、誰もその事務所にいることがないというオフィスであれば考慮する必要は無いのでしょうが、それではオフィスとしての意味はなく、例え一日のうち、数時間であったとしても、社員の誰かがそのオフィスに通い、事務作業をする必要が有るのですから、通勤に便利である事はレンタルオフィスの選び方の一つの条件であると言えるでしょう。
また、取引先との距離も、重要な要件の一つでも有ります。
何かにつけて近くにその拠点を構える企業というのは、特に自身の企業規模がそれほど大きくない場合は大きな意味を持つものです。
これらの条件は、レンタルオフィスを利用する場合でなくても同様の事が言えるのですが、揃えられた設備を選択の条件とすることはレンタルオフィスを選ぶ際には大きな意味を持ちます。
必要な設備が無いが、不要な設備があるというのでは、新規の投資が必要となってしまい、レンタルオフィスを利用する意味合いが薄れてしまうのです。
社員の通勤に便利である事、取引先への移動時間が掛からない事、そしてレンタルオフィス特有の選び方として、設備の充実、適切な利用スペース等を考慮した上で、数有るレンタルオフィスの中から選ぶ事が小額のコストで大きな結果を生み出す近道なのです。

レンタルオフィスの種類ってどんなのがあるの?

レンタルオフィスの主な種類には「月極タイプ」「時間貸しタイプ」「名義貸しタイプ」があります。
「月極タイプ」は、実際に好立地の拠点を確保したい場合や、名刺にきちんとした所在地を記したい場合に最適です。自分専用の机や荷物を置く棚などがあり、鍵をかけて荷物や貴重品を保管しておくことも可能です。利用する人数によって、「一人用」から「四人用」がレンタルオフィスの主流となっていますが、中には「五人用」や「六人用」の設定もあるレンタルオフィスもみられます。またレンタルオフィスには電話やネット回線、コピー機やFAX・プリンター、無料の打合せスペースなどが整っている場合がほとんどですが、機種や機能はまちまちですので、予め確認が必要です。
「時間貸し」タイプは、別の地域に本拠地があって、取引先に近いサテライト拠点として使いたい場合に適しています。資料やパソコンを持ち込んで事務を行い、終わったら全てを持ち帰るモバイルスタイルとなります。荷物を残すことはできませんが、手軽に利用できることもメリットの一つです。
上記二つの種類とは異なり、「名義貸しタイプ」は、自分がその場所に行って事務をするためではなく、電話や手紙の着信先を取引先やユーザーに示すために利用するタイプです。固定の電話番号やきちんとした所在地を示すことで取引先から得られる信用も高められる一方、事務所費用を最小に圧縮できることが最大のメリットです。電話は自動転送にするケースが主流ですが、中には秘書代行サービスなどを備えるところも珍しくありません。

1 2